Tamai-cho no ie

玉井町の家

Jan.1999

阪急豊中駅西側の閑静な住宅街に位置する、建築面積約40坪の木造2階建ての この住宅は、片流れ屋根を持つ3つのボリュームで構成されており
その各々のボリュームは、前庭、中庭、奥庭の3つの要素を持った外部空間で各室が繋がれている。 そのボリューム構成によって各室には風の循環と、時間毎、季節毎による様々な光の様を享受させ 衛生的であり克つ情緒的な健康を日々の生活の中で体験出来ることを可能にした。 西側にある集合住宅からの視線を遮るために閉じた部分と開いた部分とを微妙に調整しながら プランを決定した。
また、より美しい外観を実現させるために、開口部にはビル用サッシを採用し、開口部の抱きを 意図的に造ることによってRC造を彷彿とさせるデザインを試み、細やかな寸法調整を行った。

furniture design by OISI DESIGN
photo by Susumu Takase

back