KOSHII WOODS Office

大阪市住之江区平林

Aug.2016

オフィスデザインの仕事において、常に家具や造作材に木質を積極的に採用し、 スチール製家具だけでは表現できない「自然観」を人が働く空間内にとり込んできた。 今回は、海外での植林から木製建材の開発、製造を一手に担う企業、越井木材工業の オフィスリノベーションの仕事である。
収納やデスクの素材に採用した木材は全て越井木材の生産する不燃無垢材(杉材、アカシア) のサーモウッド。 サーモウッド加工によって炭化された木材は素材自体が軟質化しているため、ビス留や反りなど、 強度や精度に対して細心の注意を払いながら、素材開発、製作を行った。 オフィス空間は空調、照明、床配線システムなどのインフラのリニューアルも同時に行い、 その他階段室や廊下、トイレいった共用空間も同時にリニューアルを行い 働く環境全体をグレードアップさせた。

photo by OISI DESIGN

back